研究センター概要

上に戻る 東京大学生産技術研究所、情報通信研究機構、国立情報学研究所との間において平成25年12月に締結した情報通信分野に関わる連携協力に関する協定書に基づき発足した連携研究センターである。ビッグデータの高度利活用による多様な社会課題解決を目標とし、人間行動解析、データ処理基盤、サイバーセキュリティ、高速・頑健言語処理、情報可視化等の研究開発を推進する。


構成メンバー

上に戻る

センター長

佐藤 洋一(東京大学 生産技術研究所教授)

東京大学 生産技術研究所

喜連川 優(東京大学 生産技術研究所教授)

松浦 幹太(東京大学 生産技術研究所教授)

豊田 正史(東京大学 生産技術研究所准教授)

吉永 直樹(東京大学 生産技術研究所准教授)

国立情報学研究所

安達 淳(国立情報学研究所 副所長・学術基盤推進部長・コンテンツ科学研究系教授)

河原林 健一(国立情報学研究所 ビッグデータ数理国際研究センター長・情報学プリンシプル研究系教授)

佐藤 真一(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系主幹・教授)

宇野 毅明(国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系准教授)

北本 朝展(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系准教授)

情報通信研究機構

木俵 豊(情報通信研究機構 ソーシャルビッグデータ研究連携センター長)

伊藤 正彦(情報通信研究機構 ソーシャルビッグデータ研究連携センター主任研究員)

梅本 和俊(情報通信研究機構 ソーシャルビッグデータ研究連携センター研究員)

商 海川(情報通信研究機構 ソーシャルビッグデータ研究連携センター研究員)

Rage Uday Kiran(情報通信研究機構 ソーシャルビッグデータ研究連携センター研究員)



研究成果

上に戻る

主要な研究成果

単語の意味ベクトルの翻訳
情報カスケードの社会的影響力の有無の判別
ソーシャルメディア上の崩れた表記の正規化手法
時系列画像3次元可視化統合基盤フレームワーク 時系列画像3次元可視化統合基盤フレームワーク
実世界イベントの時空間可視化 マイクロブログストリーム中の位置参照表現に着目した実世界イベントの時空間可視化の研究
大規模ソーシャルグラフ解析システム 効率的に分散処理可能なデータ構造を導入し、従来手法と比較して32倍のスケーラビリティを実現

発表文献

  1. Wenliang Gao, Nobuhiro Kaji, Naoki Yoshinaga, and Masaru Kitsuregawa,Collective Sentiment Classification based on User Leniency and Product Popularity, Journal of Natural Language Processing, 21, 3, 541--561 (2014.06)
  2. 仁科 俊晴, 吉永 直樹, 鍜治 伸裕, 豊田 正史,概念語に関する順序付け知識のオンデマンド獲得, 日本データベース学会和文論文誌, 13, 1, 13--18 (2014.10)
  3. 石渡 祥之佑, 鍜治 伸裕, 吉永 直樹, 豊田 正史, 喜連川 優,ウェブ上の言語資源を用いた単語のベクトル表現の翻訳, WebDB Forum 2014, (2014.11)
  4. 槇 佑馬,吉永 直樹,鍜治 伸裕,喜連川 優,テキストストリームからの新エンティティの即時的検出, 第220回自然言語処理研究会, (2015.01.19)
  5. 鈴木有,鍜治伸裕,吉永直樹,豊田正史,過去の投稿を活用したマイクロブログユーザの現在位置推定, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム/第13回日本データベース学会年次大会 (DEIM2015), C4-1 (2015.03)
  6. 伊東 直弘, 吉永 直樹, 鍜治 伸裕, 豊田 正史,シソーラスと大規模テキストを用いた汎化推論規則の導出, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム/第13回日本データベース学会年次大会(DEIM2015), B4-3 (2015.03.03)
  7. Shonosuke Ishiwatari, Nobuhiro Kaji, Naoki Yoshinaga, Masashi Toyoda and Masaru Kitsuregawa. Accurate Cross-lingual Projection between Count-based Word Vectors by Exploiting Translatable Context Pairs Proceedings of the 19th Conference on Computational Language Learning (CoNLL 2015). pp. 300-304. Beijing, China, July, 2015.
  8. 川本 貴史, 吉永 直樹, 豊田 正史,マイクロブログにおける社会的影響力を持つ情報カスケードの早期検知に向けて, WebDB Forum 2015, (2015.11) 優秀論文賞受賞
  9. 川本 貴史, 吉永 直樹, 豊田 正史,マイクロブログからの社会的影響力を持つ情報カスケードの早期検知, 第8 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, A6-2, (2016.03)
  10. 岩成達哉,吉永直樹,豊田正史,喜連川優,多様な手がかりを用いた形容詞に基づく概念語の順序付け, 第8 回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム, P2-3, (2016.03)
  11. 岩成達哉,吉永直樹,豊田正史,喜連川優,ランキング学習を用いた形容詞に基づく概念語の順序付け, 言語処理学会第22回年次大会, (2016.03)
  12. Masahiko Itoh, Naoki Yoshinaga, and Masashi Toyoda. Spatio-temporal Event Visualization from a Geo-parsed Microblog Stream Proceedings of the 21st ACM International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI 2016) (poster). Sonoma, CA, USA. 2016. (to appear)
  13. Wenliang Gao, Nobuhiro Kaji, Naoki Yoshinaga, and Masaru Kitsuregawa,Collective Sentiment Classification based on User Leniency and Product Popularity, Journal of Natural Language Processing, 21, 3, 541--561 (2014.06)
  14. 仁科 俊晴, 吉永 直樹, 鍜治 伸裕, 豊田 正史,概念語に関する順序付け知識のオンデマンド獲得, 日本データベース学会和文論文誌, 13, 1, 13--18 (2014.10)
  15. Nobuhiro Kaji and Masaru Kitsuregawa,Accurate Word Segmentation and POS Tagging for Japanese Microblogs: Corpus Annotation and Joint Modeling with Lexical Normalization, EMNLP, 99—109 (2014.10.25)
  16. 石渡 祥之佑, 鍜治 伸裕, 吉永 直樹, 豊田 正史, 喜連川 優,ウェブ上の言語資源を用いた単語のベクトル表現の翻訳, WebDB Forum 2014, (2014.11)
  17. 槇 佑馬,吉永 直樹,鍜治 伸裕,喜連川 優,テキストストリームからの新エンティティの即時的検出, 第220回自然言語処理研究会, (2015.01.19)
  18. 鈴木有,鍜治伸裕,吉永直樹,豊田正史,過去の投稿を活用したマイクロブログユーザの現在位置推定, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム/第13回日本データベース学会年次大会 (DEIM2015), C4-1 (2015.03)
  19. 伊東 直弘, 吉永 直樹, 鍜治 伸裕, 豊田 正史,シソーラスと大規模テキストを用いた汎化推論規則の導出, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム/第13回日本データベース学会年次大会(DEIM2015), B4-3 (2015.03.03)
  20. Shonosuke Ishiwatari, Nobuhiro Kaji, Naoki Yoshinaga, Masashi Toyoda and Masaru Kitsuregawa. Accurate Cross-lingual Projection between Count-based Word Vectors by Exploiting Translatable Context Pairs Proceedings of the 19th Conference on Computational Language Learning (CoNLL 2015). pp. 300-304. Beijing, China, July, 2015.
  21. 伊藤正彦、豊田正史、喜連川優,多メディア間の話題探索のための時系列画像3次元可視化システム, 情報処理学会論文誌:データベース, 8, 1, 27-44 (2015.03.30)
  22. 伊藤正彦、吉永直樹、豊田正史,マイクロブログストリーム中の位置参照表現に着目した実世界イベントの時空間可視化, 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), (2016.02)
  23. Masahiko Itoh, Naoki Yoshinaga, and Masashi Toyoda. Spatio-temporal Event Visualization from a Geo-parsed Microblog Stream Proceedings of the 21st ACM International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI 2016) (poster). Sonoma, CA, USA. 2016. (to appear)
  24. Haichuan Shang, Xiang Zhao, R. Uday Kiran, Masaru Kitsuregawa: Towards Scale-out Capability on Social Graphs. CIKM 2015: 253-262
  25. R. Uday Kiran and Masaru Kitsuregawa, Discovering Chronic-Frequent Patterns in Transactional Databases, Databases in Networked Information Systems, (2015.03.23)
  26. Haichuan Shang, Xiang Zhao, R. Uday Kiran, Masaru Kitsuregawa: Towards Scale-out Capability on Social Graphs. CIKM 2015: 253-262
  27. Uday Kiran and Masaru Kitsuregawa. TMEDS: Twitter based Minor Event Detecting System. First International Symposium - Big-data Analytics in Science and Engineering ( BASE 2015 ) , 2015.
  28. R. Uday Kiran, Masaru Kitsuregawa, P. Krishna Reddy: Efficient discovery of periodic-frequent patterns in very large databases. Journal of Systems and Software 112: 110-121 (2016)
  29. Masahiko Itoh, Naoki Yoshinaga, and Masashi Toyoda,Word-Clouds in the Sky: Multi-layer Spatio-temporal Event Visualization from a Geo-parsed Microblog Stream, the 20th International Conference on Information Visualization (IV2016), 282-289 (2016.07)
  30. J. N. Venkatesh, R. Uday Kiran, P. Krishna Reddy, Masaru Kitsuregawa,Discovering Periodic-Frequent Patterns in Transactional Databases Using All-Confidence and Periodic-All-Confidence, International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA), Part I, 55-70 (2016.09.05)
  31. Ruiqi Li,Xiang Zhao,Haichuan Shang,Yifan Chen,Weidong Xiao,Fast top-k similarity join for SimRank, Information Sciences, Vol.381, 1-19 (2017.03)
  32. 梅本和俊, 豊田正史,実世界での行動に影響を与える情報のソーシャルメディアからの発見, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017), D3-2 (2017.03)

上に戻る